トッピクス

トピックス一覧

2012 農林大学校先進経営研修受け入れ
静岡県農林大学校では先進的経営をしている農家に約2ヶ月の体験研修を授業として取り入れています。今年は養鶏を選考している渡辺夏矢君が清水養鶏場で研修を行いました。報告記事は渡辺夏矢君が研修の報告をまとめたものです。
     

1.受入先経営体について        

()清水養鶏場

 ・所在地 静岡市区遠新田

 ・代表社名 清水 茂

 ・主要事業内容 採卵鶏

 

       直売店の販売機

2012kensyu03.jpg

 

自宅に併設の直売店と加工房2012kensyu02.jpg

                                    経営主 清水茂

2.先進経営研修について

  2012kensyu04.jpg
農林業に関する先進経営体の優れた技術や経営管理等を、実践的に習得することです。
3.経営信条
  ・「健康な卵は健康な鶏から」をモットーとし、そのための努力を重ねる。

4.主な作業内容

*GPの手伝い

 鶏舎からベルトコンベアで運ばれてくる卵を、

紅葉、桜、破卵・ザラにわける。

 卵は電解水で洗浄され、重さごとに分別される。

そのあと、包装をされる。

包装する際には、消費期限やブランド名を明記した紙をいれる。

  

*ケージの洗浄・調整

 研修中で一番多く行った作業。成鶏舎には8列ケージがあり、2ヶ月ごとに成鶏を入れ替えてその度に隅々まできれいにする。

 洗浄は、基本的に上から順に下に流れるように

行う。エサの容器はエサが固まってくっついているので、何回かに分けて洗浄する。

最初は濡らして、柔らかくする。

次に剥がしていき、最後に隅々まできれいにする。

 洗浄したときにでた水は、ケージの下にあるベルトコンベアで運んで、掃除機で吸い取る。

 洗浄が終わった後は、ケージの高さを調整する。

ケージは1列がとても長いので、水の流れが止まったり、溢れたりしないように調整する。

洗浄のときは、場所にあわせて長さを変えて掃除をする。

 2012kensyu08.jpg

       ( 長さの違うノズル )

*成鶏舎へ成鶏の移動

 2ヶ月ごとに育成舎から成鶏舎への移動を行う。長いときは半日かかるときもある。

 

*堆肥(鶏糞)の袋詰め

 研修の後半で多かった作業。

堆肥化された鶏糞を、15キロと10キロの2種類の袋に詰める。袋に詰めるときは、あるていど

入れてから重さを量り、+30グラムまで調整する。その後、しっかりと封をする。

 

2012kensyu05.jpg2012kensyu06.jpg

2012kensyu07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

2012kensyu09.jpg

 

*配達の付き添い

 配達は朝早くから、養鶏場を出発するので5時半には起床する。

 その日ごとに、商品を届ける場所が変わり微妙にルートもかわってくる。お菓子やパンを売る店には、液卵を売ることもある。

 商品を届けた際には、確認のサインをもらってくる。

 スーパーなどに、直接商品を並べるときは自分たちの手で行う。

 古い商品は一番手前に置くようにし、新しく持ってきた商品は奥のほうに置くように、教えてもらった。   

2012kensyu10.jpg   2012kensyu11.jpg
(  商品を自分の手で並べている )    
      *鶏糞の切り返し

 切り返しは、ホイルローダでおこなう。基本的に清水さんが行っていた作業。

 ホイルローダはシャベルのところをうまく微調整しながら前進したり、後進したりするので、とても難しい。他の場所に移したりするときも、できるだけこぼさないように慎重に行う。

  
      *鶏糞の配達

 直接農家から注文があったときやJAなどには鶏糞の配達も行う。

 そのときどきにより、量は変わってくる。

フォークリフトで、ダンプに積み込み配達する。

清水さんの鶏糞は散布するときに、

詰まることなくスムーズに行えるので、

農家さんから感謝されていた。

   2012kensyu12.jpg
     
      *入雛の手伝い

 2ヶ月ごとに行われる。業者さんがひよこを箱に入れて持ってくるので、それを育成舎のケージの中に、数を決めていれていく。うまれて2,3日しかたっていない雛はとてもかわいかった。

 

*直売店の手伝い

 直売店では、直接接客したり、直売店にある自動販売機で売る卵の袋詰めなどをおこなった。お店には電話で予約注文がくるときもあった。

 卵のほかにも、近隣の農家さんの商品も販売している。

  
2012kensyu13.jpg   2012kensyu03.jpg
     

*養鶏場さんへの見学

研修中に他の養鶏場さんのところへも見学をおこなった。自分が直接見たり関わったりすることが少ないので、清水さんの特徴などを発見することができた。

研修中に訪問させてもらったのは、杉山養鶏場さんと神谷養鶏場さんの二箇所で、どちらも清水さんとはまた違った経営をしていた。

 

5.最後に

 2ヶ月間、貴重な体験をさせていただきました。生活の面でも支えていただき、本当に感謝しています。

 研修中に静岡大学の編入試験がありましたが、そのことにも気にかけていただき、休みを多くもらいました。おかげさまで無事合格できました。

 振り返ってみると、わがままばかりで迷惑をかけたことばかりでした。それでも、無事最後まで行えたのは、清水さんやその家族、パートさんの優しさのおかげだとおもっています。

新規レイヤー
美和中学生、養鶏場で職場体験学習!

 美和中学校から依頼があり6月2日、2年職場体験学習を受け入れました。

嫌われると思われたニワトリの移動が大人気でした。生徒の皆さん一生懸命やってくれ大助かりでした。 

2011taiken1.jpg

ニワトリにさわれてご機嫌な中学生

  2011taiken2.jpg

そんなにさわれないニワトリをさわれてよかったです。

ニワトリを捕まえるのがたいへんでした。でも、楽しかったです。また、やれる時があったらこの仕事をやりたいです。    (永野)

めったにやることのできないニワトリの移動とか卵を分ける体験などできていい経験になりました。

ありがとうございます。 (山崎)

 

2011taiken3.jpg

育成舎から00羽の大移動を従業員と一緒になりお願いしました。

2011taiken4.jpg

バーコンベアで集められた卵をキズや汚れの卵を検査する作業をお願いしました。

あんまりニワトリを見たことがなくしっかりできるか不安でしたが、現地で優しく教えてくれたのでスムーズに作業することができました。こういった所で作業するのは初めてだったのでよい経験ができました。 (海野)

 

2011taiken5.jpg

卵のパック詰め作業

 

2011taiken6.jpg

 卵の袋詰め作業

 

 2011taiken7.jpg

 温泉卵のパック詰め作業

昔、家でニワトリを育てていたので少しはなれていますけどすごい量のニワトリだったので驚きました。

卵もいろいろあって、赤とか白とかがあり、大きさもいろいろありすごかったです。

とてもいい体験になりました。ありがとうございました。(坂本)

Page 1